プログラミング言語Perlの実装はC言語で書かれている

プログラミング言語Perlの実装はC言語で書かれています。

Perlのソースコードは、Gitで管理されておりGithubで見れます。

if文for文などPerlの文法はC言語系の文法ですが、Perl自体の実装も、実はC言語で実装されています。

「if (num = 1) { }」と書ける文法や、演算子の優先順位など、C言語の欠点として批判されるものも含めて、PerlはC言語の文法を尊重しています。

Perlは、プログラミング入門でC言語を学んだソフトウェアエンジニアが自然に使え、この点で、学習コストが低い言語です。

Python開発チームのC言語批判

Python開発チームは、C言語で「if (num = 1) { }」という文法が記述できることが、C言語の欠点だと長年批判してきましたが、本質的に問題となる部分というよりは、些細なことのように感じます。

公平な比較を求めるより先に、ネガティブキャンペーンで、政治的地位を獲得することや、シェアを広げることは、ぜひ控えていただきたいものです。

深層学習(ディープラーニング)の分野に限って話すと、PerlにはAI::MXNetという深層学習(ディープラーニング)のライブラリがあります。

その他C言語で実装されてるプログラミング言語

Perl以外に、Perl以後に登場した動的型プログラミング言語であるPHP、Ruby、Pythonも、C言語で実装されています。

関連情報