実行ファイルを実行する

実行ファイルを実行する方法を解説します。実行ファイルとは、単にプログラムのことだと考えてください。実行ファイルを実行するは、プログラムを実行すると同じ意味です。

パーミッションの設定

実行ファイルを実行するには、ファイルに実行権限が必要です。gccで生成された実行ファイルには、デフォルトで実行権限がつきます。

lsコマンドの「-l」オプションを使って、ファイルの実行権限を見てみましょう。

ls -l

実行ファイルである「test」にだけ、「x」という実行権限がついていますね。

-rwxrwxr-x  1 kimoto kimoto    6702 Dec 14 14:42 test
-rw-r--r--  1 kimoto kimoto      78 Dec 11 10:52 test.c
-rw-rw-r--  1 kimoto kimoto    1488 Dec 14 14:37 test.o

参考情報として、実行権限を与えるにはchmodコマンドを使うことを覚えておきましょう。

実行ファイルを実行する

実行ファイルを実行するには、ファイル名を指定して「Enter」を押します。

実行ファイル名

一つの注意点はUNIX/Linuxでは、カレントディレクトリにある実行ファイルを実行する場合は「./」と先頭につける必要があることです。

./test

絶対パスや相対パスでも実行ファイルを実行できます。

# 絶対パスで実行
/foo/bar/test

# 相対パスで実行
bar/test

関連情報