break文 - ループブロックあるいはswitchブロックから抜ける

break文を使うと、for文while文のループブロック、またはswitch文のブロックから抜けることができます。

for (ループ変数初期化;ループする条件;ループ変数更新) {
  
  # ループブロックを抜ける
  break;
}

while (ループする条件) {
  
  # ループブロックを抜ける
  break;
}

switch (値) {
  case ケース1の値:
    // switchブロックを抜ける
    break;
  case ケース2の値:
    // switchブロックを抜ける
    break;
  case ケース3の値:
    // switchブロックを抜ける
    break;
  default:
    // 上記以外のケースの場合の処理
}

break文のサンプルコード

for文でbreak文を使うサンプルコードです。配列がある値を含んでいたら、break文を使って抜けるという処理です。

#include <stdint.h>
#include <stdio.h>

int main(void) {
  
  // 配列
  int32_t nums[] = {3, 5, 9};
  int32_t nums_length = 3;
  
  int32_t match = 0;
  for (int32_t i = 0; i < nums_length; i++) {
    // 5を含んでいる
    if (nums[i] == 5) {
      match = 1;
      break;
    }
  }
  
  if (match) {
    printf("Match\n");
  }
  else {
    printf("Not Match\n");
  }
}

ループを脱出する文Perlとの違い

C言語のbreak文は、Perlのlast文に該当します。

関連情報