free関数 - 確保したメモリを解放する

free関数で、確保したメモリ領域を解放できます。stdlib.hヘッダをインクルードする必要があります。

#include <stdlib.h>
void free(void *ptr);

free関数のサンプル

free関数を使ってメモリを開放するサンプルです。

#include <stdio.h>
#include <stdint.h>
#include <stdlib.h>

int main(void) {
  // 動的なメモリの確保
  int32_t length = 4;
  int32_t* nums = calloc(sizeof(int32_t), capacity);
  
  // 処理
  
  // 不要になったらfreeで解放
  free(bytes);
}

関連情報