fclose関数 - ファイルを閉じる

fclose関数はファイルを閉じます。stdio.hヘッダを読み込むと使えます。

int fclose(FILE* fp);

引数は閉じたいファイルのファイルストリームです。ファイルクローズが、成功した場合は0、エラーの場合はEOFを返します。ファイルをクローズすると、バッファは、フラッシュされます。バッファとは、書き込みデータを一時的に保存している、メモリ領域のことです。フラッシュとは、バッファのデータを、書き出すことを言います。

fclose関数のサンプル

fclose関数のサンプルです。fopen関数でファイルを開き、fclose関数で、ファイルを閉じています。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void) {
  
  // ファイルを開く
  const char* out_file = "output.txt";
  FILE* out_fp = fopen(out_file, "w");
  if (out_fp == NULL) {
    fprintf(stderr, "Can't open file %s\n", out_file);
    exit(1);
  }
  
  // ファイルに書き込む
  const char* message = "Hello";
  fprintf(out_fp, "%s\n", message);
  
  // fclose関数でファイルを閉じる
  fclose(out_fp);
}

関連情報