stderr - 標準エラーストリームを意味するFILE構造体へのポインタ

stderrは、標準エラーストリームを意味するFILE構造体へのポインタです。標準エラーストリームは、プログラム開始時に自動的にオープンされます。標準エラーストリームは、一般的には、画面へのエラー出力を意味していています。stdio.hヘッダを読み込むと使えます。

#include <stdio.h>

stderr

stderrは、C言語仕様上は、式として実装されます。stderrは、グローバル変数あるいは、マクロとして実装可能です。

stderrを使ったサンプル

stderrを使ったサンプルです。fprintf関数で、出力先に、標準エラーを指定しています。

#include <stdio.h>

int main(void) {
  const char* message = "Hello";
  fprintf(stderr, "%s\n", message);
}

実行結果です。画面に「Hello」と表示されます。

Hello

関連情報